情報技術社会と副業



情報技術の革新とインフラ整備によって、副業の仕事内容は多種多様化し、パソコンやモバイルを通じて誰でもが気軽に参加できるのが副業である。この動きを加速しているのがアメリカにおけるインターネットビジネスの隆盛である。 アメリカンドリームの再来ともいわれ、インターネットビジネスによる[億万長者]が輩出し、それは日本においても書籍などで紹介されている。日本でもWEB上で、ネット起業をめざすサラリーマンが増加している。それと並行してネット起業のためのツールやノウハウも専用の販売サイトがネット上を賑わせている。 他方、ネット起業に携わるにはスキルやノウハウに対する経済的投資や習熟するまでの時間投資などが必要とされる。しかし、ネットで多額の収入を得ているプロに比較した場合、情報量の乏しさやスキルなどによる高い参入障壁、参入のタイミングの失敗なとで、現実に収入に結びつくネット起業家は少数派である。 また、インターネット上で売買される情報の質も粗悪なものが多く、リアルビジネスと同様にマルチまがい商法やねずみ講、内職商法詐欺などの悪質商法の温床ともなっており、ビジネス初心者の被害が後を絶たない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




看護師_転職_口コミ 黒酢 おまとめローン 比較 キッチンリフォーム conoha(コノハ)ミニソープセット エコトレFX 飲むコラーゲン 副業 在宅 ドクタータカハシの店舗一覧 潮吹きのテクニック 相互リンク集